高級賃貸に住むメリットと魅力 - 高級賃貸・タワーマンションのアライバル

高級賃貸に住むメリットと魅力

住宅に関するストレスを回避

高級賃貸マンション:イメージ画像1 高級賃貸マンション:イメージ画像2

高級賃貸の借り手はさまざまな層に分かれていますが、多いのが会社経営者や役員の方々などです。
最近は若くして成功した30歳代の人も増えています。
自宅として居住する人もいれば、セカンドハウスとして利用している人もいます。
賃貸物件には、経費として計上できる税制上の利点があるからでしょう。

また、購入すると、マンションの管理組合に入るため、組合の会合に出席しなければならなかったり、理事や役員に選ばれる場合もあります。
しかし、賃貸物件に住めば、所有者ではないので、管理組合は関係ありません。
仕事に集中したい人にとっては、煩わしさから解放されるメリットは大きいでしょう。

また、暮らしてみてはじめて気づくこともあります。
たとえば、高級賃貸には、当然ながら高額の家賃を払える人が集まってきます
今ビジネスで成功していたり、安定している“旬”の人たちが暮らしているので、マンションに活気があるのです。
しかし、分譲の億ションの場合はそうはいきません。購入者の10年後、20年後は予測不能。
管理費や修繕費用が回収できなくなり、売却せざるを得なくなる事態が起こらないとは限りません。
そうなれば、空室が目立つようになり、活気は失われるでしょう。

高品質な住まいで都心ライフを満喫

高級賃貸マンション:イメージ画像3 高級賃貸マンション:イメージ画像4

ここまでは、超高額な賃貸物件についての話が中心でしたが、 30万円台クラスの市場についても見てみましょう。
このクラスの高級賃貸も近年、物件数は増えています。
中央区、品川区、目黒区辺りの50~60m2の2LDKや、40m2台の1LDKなど、設備や仕様が充実した、デザイン性に優れた物件が登場しています。

最近は、分譲物件の販売に陰りが見えてきていることもあり、デベロッパーは賃貸市場に力を入れ始め、 今後も供給数は増えると予測されます。
こうした物件を求めるのは、30~40歳代のDINKS層などです。 通勤に便利な都心で、おしゃれで快適な暮らしができるのは大きな魅力です。
30万円の家賃を払うなら買った方がよいという発想は過去のもの。
好立地で高品質な賃貸物件の供給が増えたことで、住まい選びの選択肢は広がっていると言えるでしょう。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

また、ご希望の物件が見つからない場合は、物件リクエストもしくはお電話にてお問い合わせください。
弊社営業スタッフがご希望に添える物件をお探し致します。

キーワード検索

「物件名や沿線、最寄駅、条件」などを入力してください。
(例:「新宿区 タワー」「山手線 ペット」など)

バナー:物件リクエスト